精力的な夫婦生活

精力的な夫婦生活を求めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準強姦の疑いで内柴正人容疑者(33)を逮捕

2011.12.06 (Tue)

さっき、こんな記事を見つけました。

柔道“金メダリスト”教え子少女をレイプ…「合意の上」と否認

あれ?この人ってセクハラで懲戒解雇されたんじゃなかったっけ?

酒を飲ませてレイプって・・

Amazonに

壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか

という本があって、内容に

「合意だったはず」「自然のなりゆきで」―告発されて「加害者」となった男性たちは、事態を理解できず、相変わらずの言い訳を口にすると茫然と立ち尽くす。彼らはなぜ自らの加害性に無自覚なのだろうか。

と、書いてありました。

まさに、これに当てはまりますよね。

で、この本のレビューを見てみたら、

中年男で内心「俺もまだ若い娘とロマンチックな体験をしてみたい」というような煩悩を感じる人は予防に役立つから読んだほうがいい。自分では恋愛と思い込んでいる事態が、筆者の手にかかると「さもしく、醜く、自分勝手な暴走」に過ぎないことがはっきりわかる。

と、書いてありました。

・・・

コレ、中年男性全員に配って読んでもらった方がいいんじゃ?
(私も含めて)

自分ではセクハラと思っていないことが
相手にとっては・・・

ホント気を付けないといけないですよね。





<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

検索フォーム

気持ち良くなるエッチについて

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。